家具製作状況 東京都I様

アメリカンブラックチェリー

オーダーメイドキャビネット製作中です。

本体の側板 棚板用のダボ穴加工

写真のかんなは面取りかんなと言い、ネジで幅を調整し角を所定のサイズで落とすことが出来る道具。

原始的な道具ですが、現代の機械の道具よりも美しい仕上がりになります。

こう言った道具を生み出してくれた昔の人達はすごいなとつくづく実感します。

本体を組み立てる前に、組み立て後にはできない作業を想定し、先にやっておきます。

研ぎたての刃物でカンナをかけると木材が光って見えますね。

そして本体の組み立て。

扉材の加工

順調に製作中です。


▲ TOP