壁掛けテレビボード

神戸市西区 K様

先日テレビボードの納品に伺いました。

壁掛けタイプのテレビボードの納品は初めてでしたが、納品前のシミュレーションの甲斐もあり問題なく取り付けが出来ました。

と言いたいところですが

これまでの置き型のテレビの場合、テレビからボードの中に配線を通す穴を通常開けるので

穴の位置などを打ち合わせにの際に決めるのですが、なぜか今回は打ち合わせの際も製作の際も穴の事が完全に飛んでしまっていて。

ボードを取り付けるまさにその時!ふと穴が無いことに気付き

冷汗が・・・・・・

ご主人様に事情を説明し一旦工場に戻り穴を開けてきますと伝えたところ

大丈夫です。と

えっ!ですが穴が・・・と、私はどういうことか理解できなかったのですが

なんと 壁掛けテレビ用に家を建てる際にテレビの裏から壁の穴を通してボードに配線が出来る仕掛けをしてあったのです。

(上の写真は仮に置いている状態です)

確かに折角壁にテレビをかっこよく掛けても配線が垂れているとあまり見た目が良くないですね。

改めて今の住宅は良く考えられているなと驚きました。

逆に穴を開けてなくてよかったです。

神の思し召しか。ついてる♪とほっと方を撫でおろしました。

という事で無事納品が完了しました。

左は扉 右は引出しですが、見た目は同じようなデザインというのはK様のアイデア。

まだ小さいお子様がいらっしゃるのでケガをしないよう程度に丸く作らせて頂きました。

とても優しいご家族に合ったテレビボードに仕上がったと思います。

K様 この度はありがとうございました。



▲ TOP